人気ブログランキング |

使いやすいキッチンを考える

f0336275_14073497.jpg
←--A--→←---B----→←-----C----- →←--D-- →
f0336275_10171167.jpg







使いやすいキッチンの配置には、作業動線の考え方が大切です。
キッチン設計では、特に動線計画と収納計画が作業のしやすさに影響をあたえます。

インテリア雑誌、女性誌などでもよくキッチン特集が組まれていますが、大抵はデザイン性や最新設備の紹介というのが殆どではないかと感じます。

今回は、主婦感覚視点でキッチンの作業スペースの考えかたの一例をご紹介します。
短時間で効率良くお料理が出来、またそのプロセスが楽しいことが大切ですね。

まずは、作業スペースを考える際に、お料理をするときのシミュレーションをしてみます。

まずは上の写真を参考にAスペースですが、パントリーや冷蔵庫などから食材を取りだして、ひとまず置くスペースが必要ですね。
パントリー(食品庫)、冷蔵庫を配する場所は、このスペースに近いほうが使いやすいですね。
また、水切りかごが置けるくらいのスペースとして最低60㎝は欲しいです。

写真では作業が右流れ(A→D)になっていますので、右利きのかたに適した配置です。(左利きのかたは逆の配置になります。)
そして食器洗い機をビルトインするのでしたら、このAスペースの下に配すると使い勝手が良いと思います。

Bスペースは、シンク部分です。一般的には80㎝程度です。
Cスペースは、まな板を置くスペースで90㎝位が丁度良いです。
シンクで鍋に水を入れコンロに置く、ゆでた野菜のゆで汁をシンクに流す、などの作業が多いですので効率性を考慮します。

Dスペースは、コンロ部分ですが大きいお鍋を頻繁に使うお宅では一般的な60㎝のサイズ以上は必要になってきます。
しかし、この寸法をあまり広くとると他の作業スペースが狭くなってしまいますのでバランスが大切です。
料理途中に、調味料などを仮に置くスペース(コンロ右スペース)もあると良いですね。

場所にゆとりがある場合、配膳スペースをキッチンに並行して設置すると作業性が増します。
また、家電が収納できる棚を配膳スペースに設置します。
(家電の量によって、コンセントの数と位置の確保。)

配膳台の高さは、下ごしらえを考えると(硬いお野菜を切るなどはキッチンCスペースよりも低めの配膳台が使い勝手が良いです)、75㎝~78㎝(160㎝身長のかた)がお勧めです。
(ちなみにキッチンの高さは、身長÷2+5㎝で160㎝のかたに適した高さは85㎝となります。)

場所が確保できない場合、スライド式のテーブルを配膳の際に出して使っても良いですね。この配膳スペースは、必ず初期プランから考慮するべきです。

このAからDのスペースをどのように割り付け、プランするかで日々のキッチン作業のしやすさに影響を与えますので、キッチンのデザインよりもスペース割りを先に考慮します。

一般的なキッチンの作業は、冷蔵庫又はパントリー→準備台→ シンク → 調理台 → コンロ → 配膳台、そして食卓へという流れです。
右利きのかたは、これらの作業が右流れでできると良いですね。
利き腕側に回るように、キッチンを配置すると良いです。
左利きのかたは、逆の考えかたで左流れが適します。

ただし好みは人により違いますので、キッチンプランを決める前には、右流れか左流れが使い勝手が良いのか、ショールームなどで実際に確認することをお勧めします。
その作業流れに合わせて、冷蔵庫、シンク、コンロ等各台の配置を決めていきます。

作業寸法についてですが、冷蔵庫、シンク、熱源を結ぶ三角形をワークトライアングルと言い、その総和は、3,600㎜~6,000㎜が使い勝手が良いとされています。
さらに食器棚・配膳台をもう1つの要素に取り入れ、ワークスクエアと考えた方が良いという提案があります。
日本料理では、お料理を食器に盛りつけるという作業はとても重要です。

作業するときに大人1人が必要な幅は60cm(肩幅寸法)です。
ワークトライアングルやワークスクエアの1辺は120cmが必要です。
冷蔵庫とシンクとの距離は120~210cm、シンクとコンロとは120~180cm、コンロと冷蔵庫とは120~270cmが標準とされます。
その範囲でキッチンを配置しますと、その合計は3.6mまでが適当だと言えます。

また最近のキッチンのワークトップの高さは85cmが主流になっていますが、85cmは155~160cmのかた向けに考えられています。(身長÷2+5㎝=ワークトップ高さ)
過去のキッチン設計の際コンロと配膳台の高さは、この身長から割り出した高さ寸法から10㎝低めに設定することが多いです。

システムキッチンのビルトイン式コンロは、殆どコンロ面とワークトップとが同じ高さになってます。
しかし、五徳の分だけ高い鍋を乗せる高さがワークトップよりも高いのです。
そこでワークトップと五徳上の高さを合わせるために、ワークトップよりもコンロ面を五徳の高さ分(5㎝)を下げると作業台とコンロとの間の鍋の移動が楽になります。
(最近では、段差式を取り入れているシステムキッチンメーカーもあります。)

深い鍋を頻繁に使う場合には、コンロ面は低い方がよく、ワークトップよりもコンロ面を10~15cm低くする方が良いです。

参考までに、独立型のパントリー(食品庫)の収納棚寸法ですが、下から50㎝程度は開けて、高さ30cm~40cm間隔に棚板を天井まで取り付けます。
奥行は浅いほうがよく、15cmと30cm前後の2種類があると便利です。
一目で見渡せるパントリーがあると便利ですね。

f0336275_11021358.jpg


最近、オブジェのようなキッチン、そもそも手料理をすることを想定していないキッチンなども見かけることがありますが、何か本質からずれている気がします。

キッチンは、住まいの中でとても大切な場所です。
家族の健康のためにも極力手をかけたお料理ができるキッチンであってほしいですね。
特に母親として、子供に出来ることの重要な部分。

安全な食材(極力地元野菜など、旬のもの)を選び、家族の健康のために手間をかけて愛情を込めて、お料理することの大切さと素晴らしさを是非キッチンプランを通して見直してほしいですね。


f0336275_12272982.jpg











家族のコミュニケーションは、食空間で築かれます。

by bikukan | 2015-04-30 14:32 | インテリアコーディネート術


美空間デザイン株式会社のBlogです。ライフスタイルから住まいを考える、幸せな暮らしのインテリアコーディネートメソッドを綴ります。


by bikukan

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
INFORMATION
コンセプト
インテリアコーディネート術
未分類

以前の記事

2019年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

Welcome To Web..
at 2019-01-28 08:08
インテリアトレンドでアクセント
at 2016-11-22 08:00
坪庭のあるお風呂を楽しむ
at 2016-10-04 08:00
心身を癒す木のある暮らし
at 2016-09-01 08:00
和モダンスタイル
at 2016-08-18 08:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
住まいとくらし

画像一覧